『スーパーロボット大戦』を手がけたウィンキーソフトが自己破産申請!負債額は2億5千万円に!

gazou


以下、抜粋


ウィンキーソフトが、11月10日に事業を停止して自己破産申請の準備に入っていたと、このたび帝国データバンクが報じました。


1983年1月に創業したウィンキーソフトは、PC用ソフトの自社開発および販売などを行なっていましたが、後にコンシューマー向けゲームソフトの制作もスタート。91年4月には、同社の代表作ともなった『スーパーロボット大戦』をリリースし、以後も定期的にシリーズ作の開発にあたりました。


99年3月期の年収入高は約4億円を計上していましたが、その後『スーパーロボット大戦』シリーズから離れ、また2000年以降は大きなヒット作に恵まれず業績が低迷。スマホ向けゲームアプリなどを手がけたり、また2010年以降は再び『スーパーロボット大戦』シリーズに関わりましたが、業績の改善には至らず資金繰りが悪化し、今回の事態へと繋がった模様です。なお負債は、約2億5,000万円とのこと。


http://www.inside-games.jp/article/2015/11/30/93522.html


盛者必衰

今人気なことも必ず終わる



スーパーロボット大戦BX (【初回封入特典】レベルアップキャンペーンダウンロードコード)


第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇
関連記事
[ 2015/11/30 22:02 ] ゲーム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eren187.blog.fc2.com/tb.php/1456-3eabaea3